塀デザイナーを起動します。


001.jpg



立面の作業工程で、自由壁設定に切り替えをします。


002.jpg

自由壁で、下図のような、スリット塀を作成します。


003.jpg

シンボルを製品配置に切り替え、表札を選択して、塀上に配置します。

※ 表札が登録されているところ
  メーカー : エクステリア一般
  タイプ  : 表札
  シリーズ : 一般_表札

表札を下図のように、スリットの角に配置後、使用するガラス製品のサイズに引き伸ばします。
 


013.JPG

配置した表札を選択し、シンボル詳細に切り替え、“詳細設定→埋め込み中” に切替えをします。


007.jpg

シンボルの中から、表札_横を再度選択して、Δ杷枌屬靴神宿覆両紊貿枌屬靴泙后
(こちらの表札シンボルは、上の塀が欠けている部分に配置し、塀の代わりに使用します。)

配置した表札シンボルの仕様設定を、まだ使用していないものに変更しておきます。


014.JPG
シンボル詳細の基本設定で、表札の奥行きを、塀の厚みと同じ数値に設定します。

シンボルの配置位置を、詳細設定で、"埋め込み中"に変更します。(( Δ汎荏犧遏 法



eE-Painterを起動すると、3色に色分けされた塀で出てきます。製品の上部分の表札には、塀と同じテクスチャーを貼り付けてください。

008.jpg

塀の素材と同じテクスチャーを、上の表札に貼付けすると完成です。

名称未設定2.JPG

Δ杷枌屬靴拭表札の奥行きを、塀の厚さと同じに設定し、ガラスブロックのテクスチャーを貼ると、下図のような、塀のサイドを切り欠いたガラスブロック埋め込みの表現ができます。


010.jpg
※ ガラスブロックのテクスチャーの登録先
塀材 → 一般 → ガラスブロック になります。




塀デザイナーを起動します。


001.jpg



立面の作業工程で、自由壁設定に切り替えをします。


002.jpg

自由壁で、下図のような、スリット塀を作成します。


003.jpg

シンボルを製品配置に切り替え、表札を選択して、塀上に配置します。

※ 表札が登録されているところ
  メーカー : エクステリア一般
  タイプ  : 表札
  シリーズ : 一般_表札

表札を下図のように、スリットの角に配置後、使用するガラス製品のサイズに引き伸ばします。
 


013.JPG

配置した表札を選択し、シンボル詳細に切り替え、“詳細設定→埋め込み中” に切替えをします。


007.jpg

シンボルの中から、表札_横を再度選択して、Δ杷枌屬靴神宿覆両紊貿枌屬靴泙后
(こちらの表札シンボルは、上の塀が欠けている部分に配置し、塀の代わりに使用します。)

配置した表札シンボルの仕様設定を、まだ使用していないものに変更しておきます。


014.JPG
シンボル詳細の基本設定で、表札の奥行きを、塀の厚みと同じ数値に設定します。

シンボルの配置位置を、詳細設定で、"埋め込み中"に変更します。(( Δ汎荏犧遏 法



eE-Painterを起動すると、3色に色分けされた塀で出てきます。製品の上部分の表札には、塀と同じテクスチャーを貼り付けてください。

008.jpg

塀の素材と同じテクスチャーを、上の表札に貼付けすると完成です。

名称未設定2.JPG

Δ杷枌屬靴拭表札の奥行きを、塀の厚さと同じに設定し、ガラスブロックのテクスチャーを貼ると、下図のような、塀のサイドを切り欠いたガラスブロック埋め込みの表現ができます。


010.jpg
※ ガラスブロックのテクスチャーの登録先
塀材 → 一般 → ガラスブロック になります。